• ホーム
  • 副作用に注意してヤーズを服用しましょう

副作用に注意してヤーズを服用しましょう

2019年07月11日
嬉しく笑っている女性

ピルにはエストロゲンと黄体ホルモンが含まれており、エストロゲンの量で高用量・中用量・低用量に分けられます。
ヤーズは従来の低用量ピルの3分の2のエストロゲン含有量で、超低用量ピルと呼ばれています。
エストロゲンが少なく、黄体ホルモンも自然に近いタイプなので、吐き気やむくみなどの副作用が非常に少ないのが特徴です。
月経困難症の治療効果が高く、過多月経や月経不順にも効果的です。
ほぼ確実な避妊効果もあります。

ただし、まれに重い副作用として血栓症が現れることがありますので、注意が必要です。
場合によっては命にも関わり、実際にヤーズ服用中の死亡例も報告されています。
ただし、血栓症は起きてすぐに重症化する病気ではなく、早期に発見して適切に処置すれば、大きな害をもたらすことはありません。
頭痛やめまい、眼の異常、胸痛、息切れ、手足やふくらはぎの痛みが合った場合には、服用を中止して医師に相談してください。
激しい痛みに場合には、すぐに救急医療機関を受診するようにしましょう。
血栓症は、ヤーズだけでなく他のピルにも起こりうる副作用ですので、同じように注意してください。

ヤーズには利尿効果があるので血液が濃縮しやすくなり、静脈血栓症になるリスクがやや高いとも言われていますので、こまめに水分を摂るように注意するとよいでしょう。
その他、長時間同じ姿勢を取らないように注意し、適度な運動をすると血栓症の予防になります。
喫煙習慣がある場合には血栓症のリスクが高くなりますので、禁煙をおすすめします。

また、薬の種類によってはピルの効果を下げることもありますので、医療機関で薬を処方してもらうときには、ピルを服用していることを必ず伝えてください。

関連記事
超低用量ピルと呼ばれるヤーズの効果

ヤーズは、国内初の超低用量ピルで、エストロゲンの含有量は0.02mgと従来の低用量ピルの2/3です。器質性月経困難症、機能性月経困難症の軽減を目的として発売されました。超低用量ピルのヤーズは、エストロゲンの含有量が少ないため、吐き気などの副作用が少ないのが特徴です。また、含まれている合成黄体ホルモン...

2019年06月10日
ヤーズの購入方法を知ろう

ヤーズは低用量ピルで世界的に認知されている人気の高い薬です。避妊や生理の苦痛を軽減するなどの役割があります。そんなヤーズですが購入方法は二種類あります。1つは病院で処方してもらうことです、主に病院でも産婦人科や婦人科で取り扱っています。多くの病院で扱っているのですが事前に病院のサイトで確かめてみるの...

2019年08月06日
危険日性交やレイプ被害の妊娠は低用量ピルで回避不可能

生理のある女性に取って、異性と性交渉を行うということは、危険日でなくても常に妊娠の可能性が付きまとうもので、妊娠を希望していないのであれば、きちんと避妊対策を取ることは大切な問題です。避妊は男性が行うものという認識を持っている女性もまだまだ多いですが、妊娠という事実により直接的に影響を受けるのは、男...

2019年08月24日
ヤーズの服用方法についてご紹介します

ヤーズは、バイエル薬品販売の超低用量ピルで、1シートに24錠の淡赤色の錠剤と4錠の白色の偽薬が入っています。淡赤色の錠剤には合成黄体ホルモンと合成卵胞ホルモンが入っています。超低用量ピル「ヤーズ」の効果を発揮させるには、正しく服用する必要があります。服用方法と注意点をご紹介しましょう。服用を開始する...

2019年06月23日