• ホーム
  • 低用量ピルと心房細動、低用量ピルの使用法

低用量ピルと心房細動、低用量ピルの使用法

2019年12月14日

低用量ピルは合成された卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、正しく服用すれば高い効果で避妊が可能になります。
低用量ピルの使用法は簡単です。
低用量ピルの使用法は、毎日飲むことが大切で、1日1錠を毎日ほぼ同じ時間に飲むことで避妊ができます。
飲み始めてから3ヶ月を過ぎることには習慣化できるため、まずは3ヶ月続けて飲むことを考えます。
飲み忘れを防ぐには、朝起きたらすぐに飲む、寝る前に飲むなど自分に合った使用法を決めることが大切で、万が一飲み忘れがあった場合は、気付いた時にすぐに飲み、その日の錠剤もいつも通りに飲みます。
2日以上飲み忘れた場合は、医師などに相談し対処法を確認することが必要です。

低用量ピルのメリットは、女性主体で避妊ができ、正しく服用することでほぼ100%の避妊が可能になることです。
避妊以外にも月経周期が規則的になることや生理の量が減り生理痛が軽くなることも期待できるのです。
低用量ピルのデメリットとは、医師による処方が必要になることや毎日服用すること、服用初期に頭痛など副作用を感じることもあるということです。
副作用が起こることは稀ですが、ピルを飲み始めていつもは感じない吐き気、頭痛などがある場合は服用を中止して医師に相談することが良い選択です。
また、低用量ピルが適さない方は、乳がん、肺高血圧症、心房細動などの場合です。
心房細動とは、高齢者に多くみられる不整脈です。
心房細動は健康な人でも発生し、糖尿病、心筋梗塞などの心臓病や慢性の肺疾患がある人は発生しやすく睡眠不足や精神的ストレス時に発生しやすい場合もあります。

低用量ピルは正しい使用法で避妊することができる避妊法です。
飲み忘れることなく毎日飲むなどのデメリットはありますが、安全な避妊法であることも知っておく必要はあります。

関連記事
低用量ピルは生理痛改善などメリットが大きい

低用量ピルには、避妊目的以外にも月経困難症による重い生理痛に悩まされている場合にも有効です。生理痛が酷い場合には、日常生活にも支障が出てくるようになります。生理は毎月のことのため、精神的な不安も大きいです。低用量ピルを使うことで、それらの精神的な不安を根本から解決することが可能です。低用量ピルには、...

2019年11月13日
低用量ピルで生理を起こした場合は薬局に相談

生理を起こした場合、不便に感じるというシーンは数多くあります。旅行やスポーツなどの試合などの時は、生理を起こした場合、やはり気になってしまうでしょう。このような、生理になりたくないという時に、利用したいのが、低用量ピルです。低用量ピルは生理になる日にちを、調整する事ができる薬です。ピルと聞くと「避妊...

2019年10月16日
避妊薬の低用量ピルケースをデコしてみよう

ピルは経口避妊薬として、処方されるお薬です。日本では避妊というとコンドームが定着していますが、コンドームは感染症予防目的で使う事がお勧めです。確実に避妊したいのであれば、やはりピルが有効と言えます。ピルは2種類の女性ホルモンを配合したもので、その量によって高用量・中用量・低用量と分けられます。現在は...

2019年09月20日
超低用量ピルと呼ばれるヤーズの効果

ヤーズは、国内初の超低用量ピルで、エストロゲンの含有量は0.02mgと従来の低用量ピルの2/3です。器質性月経困難症、機能性月経困難症の軽減を目的として発売されました。超低用量ピルのヤーズは、エストロゲンの含有量が少ないため、吐き気などの副作用が少ないのが特徴です。また、含まれている合成黄体ホルモン...

2019年06月10日
ヤーズの購入方法を知ろう

ヤーズは低用量ピルで世界的に認知されている人気の高い薬です。避妊や生理の苦痛を軽減するなどの役割があります。そんなヤーズですが購入方法は二種類あります。1つは病院で処方してもらうことです、主に病院でも産婦人科や婦人科で取り扱っています。多くの病院で扱っているのですが事前に病院のサイトで確かめてみるの...

2019年08月06日
危険日性交やレイプ被害の妊娠は低用量ピルで回避不可能

生理のある女性に取って、異性と性交渉を行うということは、危険日でなくても常に妊娠の可能性が付きまとうもので、妊娠を希望していないのであれば、きちんと避妊対策を取ることは大切な問題です。避妊は男性が行うものという認識を持っている女性もまだまだ多いですが、妊娠という事実により直接的に影響を受けるのは、男...

2019年08月24日
副作用に注意してヤーズを服用しましょう

ピルにはエストロゲンと黄体ホルモンが含まれており、エストロゲンの量で高用量・中用量・低用量に分けられます。ヤーズは従来の低用量ピルの3分の2のエストロゲン含有量で、超低用量ピルと呼ばれています。エストロゲンが少なく、黄体ホルモンも自然に近いタイプなので、吐き気やむくみなどの副作用が非常に少ないのが特...

2019年07月11日
ヤーズの服用方法についてご紹介します

ヤーズは、バイエル薬品販売の超低用量ピルで、1シートに24錠の淡赤色の錠剤と4錠の白色の偽薬が入っています。淡赤色の錠剤には合成黄体ホルモンと合成卵胞ホルモンが入っています。超低用量ピル「ヤーズ」の効果を発揮させるには、正しく服用する必要があります。服用方法と注意点をご紹介しましょう。服用を開始する...

2019年06月23日