公開履歴

低用量ピルには色々な効果があります。
一番有名なのは避妊する効果です。
未婚であることや子供が欲しくないなどの理由で確実に避妊したい場合コンドームの使用だけでは不安です。
しかし低用量ピルを飲めば排卵を抑制し、着床しにくくなり、さらに精子が子宮に入るのを抑止してくれます。
これにより100パーセント妊娠しなくなるのです。
子供を欲しくない方が生理が来ないことが原因で不安になる事も抑制できるのです。

また低用量ピルを飲むことによってかなり生理が安定しますので温泉旅行に行く計画も立てやすくなります。
更に生理前にできがちなニキビなどもこれによって抑制できるのです。
実際にお肌の健康のために利用する方もいます。

あと生理痛などを抑制するのにも利用するのです。
避妊目的ではなく生理の苦しみを解消するためだけに利用する方も少なくありません。

あと誤解が多いのは低用量ピルを過去に飲んでいたことがあると将来妊娠しにくくなるという話です。
ピルを飲んでいる間は妊娠しませんがやめれば妊娠できるようになります。
しかもピルを飲んでいない人に比べて子宮が安定した状態になっていますのでむしろ妊娠しやすくなる可能性があるのです。
排卵を抑制する事から子宮を休ませることもできますのでむしろ子宮の病気を抑制する効果も期待されています。

ピルにはもちろん副作用はありますがそれほど重篤な症状が出る事は有りません。
まず健康な人に処方するという前提があるからです。
元々健康に問題のある方は処方してもらえませんので安心です。

そしてピルの中にもトリキュラー、マーベロン、ヤーズなどの有名なピルに加えて、他にも様々な種類があります。
その中から自分の身体に合うピルを見つけると、副作用なども軽く安心です。

しかしネットで自分で勝手に購入するのはやめてください。
自分がピルに合わない体質の場合もあるからです。
必ず医師に相談しましょう。

記事一覧
低用量ピルは生理痛改善などメリットが大きい 2019年11月13日

低用量ピルには、避妊目的以外にも月経困難症による重い生理痛に悩まされている場合にも有効です。生理痛が酷い場合には、日常生活にも支障が出てくるようになります。生理は毎月のことのため、精神的な不安も大きいです。低用量ピルを使うことで、それらの精神的な不安を根本から解決することが可能です。低用量ピルには、...

低用量ピルで生理を起こした場合は薬局に相談 2019年10月16日

生理を起こした場合、不便に感じるというシーンは数多くあります。旅行やスポーツなどの試合などの時は、生理を起こした場合、やはり気になってしまうでしょう。このような、生理になりたくないという時に、利用したいのが、低用量ピルです。低用量ピルは生理になる日にちを、調整する事ができる薬です。ピルと聞くと「避妊...

避妊薬の低用量ピルケースをデコしてみよう 2019年09月20日

ピルは経口避妊薬として、処方されるお薬です。日本では避妊というとコンドームが定着していますが、コンドームは感染症予防目的で使う事がお勧めです。確実に避妊したいのであれば、やはりピルが有効と言えます。ピルは2種類の女性ホルモンを配合したもので、その量によって高用量・中用量・低用量と分けられます。現在は...